ブログ

1e269af4c0dcbf1f7912154068a34e8c
汚れをまとうファンのそのまた奥、ドラム内部の油を除去。
8a7edf88a030c3b31362db5e98310dd2
ここを綺麗にすれば安心、安心。
c80bd1b6d7d051020aeb90a54ce59fad
内部のフィルター。自動清掃でも季節ごとの点検をお勧め。
106e3d684cb19f970c5ff07d91ca4d08
洗浄後こちら。燃費にも差がでます。
5642bdb777fc4a7489152d47904ec749
送気ファン。こちらはカビだらけ。
bb41c5fa985d1e1f2f64a81047f72051
しっかり洗浄。
4b1a0690c5df0c6039503159c8084554
泡洗浄でスタート。2種類の特殊配合の洗剤で汚れを浮かせます。
aebf31dc673e620d04bdd955eacb7d11
停止後に浮いたカビですね。
ハウスクリーニングのお問い合わせはこちら
ページトップ